便秘って何?


便秘症にお悩み人はとても多いといわれています。特に女性は半分以上の方が便秘だと感じているという調査結果もあるそうですね。

ただ、自分は便秘だと感じ、色んな便秘解消法を実践されている女性の中に、実際は便秘症でない方もいらっしゃるようです。

つまり、現在「便秘」という言葉は広く認識されていますし、また多くの便秘解消法も提唱されています。しかし、便秘とはどういうものなのかを正しく理解されていないことが多いということになります。

一般的に便秘は、便が長時間、腸に留まり排泄されず、お腹が張ったり痛みを感じたり、便の排泄が苦痛な状態をいい、明確に「何日間排便がなければ便秘」といった定義がありません。

また、「長い時間」とは具体的にどのくらいの期間かということにも個人差が生じます。例えば、3日に1回しか排便しかない場合でも満足感があり、すっきりしていると感じていれば便秘ではないということになります。

食べた物が便として排泄されるまでの時間は、24時間から72時間と言われていますから、目安として4日以上排便がない場合、便秘と捉えることができます。

また、毎日便を出すことを意識するばかりに浣腸や便秘薬を常習化することによって、逆に便秘が進行してしまうこともあるようです。

さらに、「便が硬いのは便秘」と認識されている方もいらっしゃるようですが、それも誤解といわれています。一例として、硬い便が続いたあとに下痢をして便秘が解消されたような時がありますが、便秘と下痢を繰り返す症状は、腸の働きが良くない状態といえ、けいれん性便秘に見られる症状です。

つまり、便の硬さと便秘は直接的な関係はなく、反対に便がやわらかくてもすっきり感がない場合、それは便秘になります。