便秘とストレスの関係は?


現代社会を生きる私たちの生活に、ストレスは切り離せないものといえます。そして、ストレスは精神面だけでなく私たちの身体面にも様々な悪影響をもたらします。

便秘症もストレスとの関係を否定することができません。理由は、排便を促進する腸の蠕動運動は、自律神経によりコントロールされているからです。精神的な影響を多大に受ける自律神経は、ストレスを感じることによって、腸の働きに乱れを生じさせてしまうのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は緊張しているときに働く神経です。交感神経が働くと、心臓がドキドキしたり、血管が収縮したりします。このことは、腸の働きの抑制につながります。

逆に副交感神経はリラックスしているときに働く神経で、血管が広がる作用があるため、腸の蠕動運動が活性化されます。便秘に限らず、リラックスすることが健康に良いのは、いうまでもありませんね。

例えば、旅行に行くと、一時的に便秘になることがあります。これは、環境の変化によりリラックスできていないのが原因です。通常、帰宅すると緊張がほぐれ、便秘も改善されます。

さらに、ストレスの多い毎日の生活の中で、体の緊張が解けない状態が続くことで、慢性的な常習性の便秘を引き起こす恐れもあります。例えば、けいれん性の便秘もストレスの影響を強く受けているといわれています。

けいれん性便秘とは、ストレスが原因で腸の働きに乱れが生じる便通異常で、便秘と下痢を繰り返すといった症状などが見られます。ストレスを強く感じると、腸が過敏になり収縮が強くなることで、正常に蠕動運動が機能しなくなってしまうのです。

もちろん、便秘解消に限らず、あらゆる面で健康を保つために、ストレスはうまく発散し、溜めたくないものです。

| 原因