便秘解消のために、朝食を摂ろう


時間がない、食べたくない、という理由で朝食を摂らずに一日をスタートさせる人が多いようです。

朝は時間がなかったり、起きてすぐに食欲が出ないというのもわかりますが、朝食を摂らない生活習慣は、便秘を引き起こす原因にもなります。

つまり、便秘解消法の一つとして朝食を摂る習慣をつけるということが挙げられます。

例えば、朝、目覚めてしばらく時間が経っても、空腹感が起きないという人は、前日の夕食の時間が遅いことが考えられます。食事の時間が不規則では、朝食を摂る気が起きないのは当然で、まず朝、空腹感を感じて朝食を摂るために、生活のリズムを規則正しく整える必要があります。

生活のリズムを整えるには、夕食を早目に摂り、夜更かしせず、早めに寝ることが大切です。睡眠が十分なら朝早く目覚めますし、胃腸も働き始め、朝食を食べることができます。

その後、朝食が済み、しばらく時間が経つと便意を感じてくると思われますが、それらの時間を家で過ごすために、出かける前には1時間以上の時間的な余裕がほしいですね。

また、朝は忙しくて朝食を作りたくないという人は、前日の夜に準備をしておいて、調理の時間を節約できるよう朝食を温めるだけにしておくなどの工夫をしても良いですね。朝食のメニューは、例えばコーヒーとパンだけではなく、栄養的にも野菜、フルーツ、目玉焼きなども一緒に摂りたいです。

生活のリズムを規則正しく整え、夜早く寝て、朝食を十分摂ることは、健康的な生活の基本ですが、このことは、便秘解消法としても効果的な方法といえるのです。