便秘に効果的な、腸を動かす運動


排便には腹筋の力を必要とします。腹筋が弱いと内臓を支えられないため、胃下垂を招きます。つまり、腹筋は便秘と深い関係があるということがいえます。

腹筋が弱く胃腸が下がってくると、腸の働きが悪くなり便秘の進行につながります。運動不足を解消するために、少しずつ毎日続けられる運動や体操を日常生活に取り入れて腹筋を強化していくことは、立派な便秘解消法です。

腹筋が弱く胃腸が下がり気味の人が便秘になりやすいのは、腸が下に収まって圧迫されるため、機能しにくくなるのが原因です。この場合の便秘解消法としては、腹筋を強化する運動と同時に、腸を機能しやすい位置に戻す体操も行いたいですね。

そこでまず思い浮かぶのは、逆立ちです。逆立ちは下がった胃腸の位置を戻すために効果のある運動です。

床に寝転び、頭と肩を床につけたまま、足を上げながら、両手で背中から腰の辺りを支えます。なるべく真っすぐ足を上げるように膝を伸ばします。

この逆立ちの体勢から、左右の足を回転させて自転車のペダルをこぐような動きをする、自転車こぎ運動も腸を刺激し効果的です。その時、つま先まで伸ばすと良いそうです。

腸を適切な位置に戻し刺激する効果もある、「ラッコ体操」も効果的といわれています。「ラッコ体操」とは、背中を丸め、膝を曲げ抱えて座ります。そのままゆっくりと後ろ側に倒れ、2〜3回前後に反動をつけながら、その力を利用して元の座っていた姿勢に戻す運動です。

あと、お馴染みの上体をひねる動作も良いですね。

できることからこれらの運動を生活に取り入れて、腸を刺激することで便秘解消につなげたいものです。