便秘解消に、オリゴ糖


毎日ヨーグルトを食べて、腸内のビフィズス菌を増やすという方法が便秘解消法の一つとして効果的だということは良く知られています。

ただ、ビフィズス菌などの乳酸菌は寿命が短いという特徴があり、毎日補給する必要があります。そこで、本来腸内で生きているビフィズス菌を増殖させる食品を摂取するという便秘解消法があります。

腸内にいるビフィズス菌を増殖させるためには、ビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖の摂取が効果的です。つまり、便秘解消法として、オリゴ糖をヨーグルトと一緒に摂ると良いということになります。

オリゴ糖という言葉は耳にされたことがある方も多いと思います。また、「甘い」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

これは、オリゴ糖という名前で甘味料として発売されていたり、人工甘味料としてお菓子などに配合したものが市販されているためです。

しかし実際は、オリゴ糖自体は甘いものではなく、甘くない食品にも含まれているものです。例えば、納豆やねぎ、たまねぎやゴボウ、大豆、アスパラガス、バナナなどにもオリゴ糖が含有されています。

また、オリゴ糖や食物繊維が配合されたおやつには、甘栗、寒天みつ豆、甘味料としてオリゴ糖を加えたアロエヨーグルト、ポップコーンなどがあります。飲み物では甘さを控えめにした、ココアがおすすめです。カップ1杯に食物繊維が約2グラム含まれています。

おやつを毎日の習慣にされている方もいらっしゃると思いますが、少し意識することで、十分便秘解消につなげることができます。

ちなみに、オリゴ糖は急に摂るとお腹がゆるくなる人もいるので、様子を見て少量から試されると良いと思います。