食物繊維を摂るには


便秘解消法に食物繊維を積極的に摂るのが良いことは、皆さんご存じだと思います。では、食物繊維を摂るには何を食べれば良いのでしょうか。

パン食が習慣になっている人は、主食をご飯に替えてみるのも一つの方法です。毎日の主食をご飯にするだけで、かなりの食物繊維を摂取することができます。

さらに効果的な方法があります。それは、白米を玄米にすることです。ただ、玄米は味やにおいなど癖があったり、また炊くのが大変というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

味に関しては、白米に玄米を少しつづ混ぜて炊いていき、玄米の割合を無理なく増やしていくことで慣れるかもしれません。また、炊き方は、玄米を一晩水につけておけば、一般的な炊飯器で炊くことができます。

玄米は、プチプチした食感など慣れると癖になり、白米に物足りなさを感じる方もいらっしゃるようですよ。

また、芋類は全般的に食物繊維を多く含んでいます。便秘解消には積極的に摂りたい食品ですね。

お馴染みの、じゃが芋は色んな料理に使うことができますし、洋食にも和食にも幅広く合う食材といわれています。

さつま芋は、芋類の中で最も豊富に食物繊維を含みます。おいしいので量的にも食べられますし、おやつに干し芋などは手軽に摂ることが出来、おすすめです。

里芋や山芋もありますね。便秘解消に限らず、胃腸が弱い人にもおすすめの食材です。

こんにゃくも、芋からつくられるので芋の仲間といえます。ダイエット食品としてもお馴染みですが、こんにゃくには便秘解消やダイエット以外にも健康に良い働きを持っています。例えば、コレステロール値を下げる効果、血糖値の上昇を抑制し糖尿病予防、高血圧の予防、血液をサラサラにする、などがあるといわれています。

各芋類には便秘解消に限らず健康に良い点がありますので、料理やおやつに上手く取り入れながら、いずれかの種類を毎日食べるようにしたいですね。