便秘解消にハーブティー


生活の中にハーブを取り入れているという方は、そんなに多くないかもしれません。

ハーブといえば、ストレス解消やリラックス効果などの効能は広く知られていますが、ハーブには便秘の解消にも効果が期待できるものがあります。ハーブはただの香りを楽しむ草ではなく、自然の植物の中で薬として色んな効能を持つ薬草ということができます。

便秘解消法を目的としてハーブを用いる場合、腸に直接訴える使い方は、お茶として飲むことです。お湯に生のハーブを入れて飲むのも良いですし、手軽な市販のティーバッグ活用するのも良いですね。

便秘解消におすすめのハーブについて、いくつかご紹介します。

◇カモミール
カモミールは、花の部分を使ってお茶を入れます。カモミールティーの効能は、ストレス解消や胃腸の調整、また不眠症にも効果的といわれています。さらに、入浴剤としても使用すると、温浴効果が高まります。

◇タンポポ
タンポポコーヒーをご存じの方もいらっしゃるでしょうね。根の部分を乾燥させて刻んだものでお茶を入れると効果的です。このハーブティーには、ゆるい下剤効果や利尿作用が期待できます。また、妊婦の方で便秘にお悩みの方が、コーヒー代わりに飲まれることでも知られています。

◇ミント
腸の蠕動運動を調整する効果が期待できます。ミントは、けいれん性の便秘におすすめのハーブといえます。

◇フェンネル
フェンネルの種子をスパイスとして使用することで、腸の蠕動運動を促します。また利尿作用や食欲を抑制する働きがあるので、ダイエット向きのハーブともいえます。

ハーブティーを生活に取り入れる時間は、気分転換にもつながるので、ストレス解消と、便秘解消の両面で効果的といえますね。

ただ、ハーブティーは癖になることもあるようですので、習慣的に毎日飲むよりは、必要だと感じた時の手段として利用した方が適しているかもしれません。